【無料体験】国内No.1のワインスクール >

クラシックからモダンまで様々なテンプラニーリョ|品種の特徴とおすすめワイン

名実共にスペインを代表する黒ブドウ、テンプラニーリョ。

スペイン中で広く栽培されているため、コンビニに並ぶような安価なものから、ブルゴーニュ、ボルドーワインと肩を並べるような高級ワインまでそろっています。
スタイルも古典派と呼びたくなるようなクラシックなものからモダンでクリーンな味わいのものまで様々。
熟成して真価を発揮する、偉大なワインもあります。

テンプラニーリョにはテンプラニーリョにしか無い、ほかの品種では替えがたい魅力があります。

情熱の国、スペインの黒ブドウを見て行きましょう。

テンプラニーリョの特徴

テンプラニーリョはスペインを代表する黒ブドウで、古代ローマ時代から栽培されている品種です。
原産地はスペインのリオハ地方。
世界のワイン用ブドウ品種の栽培面積では第4位ですが、その9割がスペインで栽培されています。

「テンプラーノ=早熟な」という名前の由来通り、比較的早く熟し、9月ごろには収穫に入ることが出来ます。
小粒で房は大きく、栽培されれるエリアや醸造方法によって様々なスタイルのワインになります。
伝統的にはアメリカンオークで長期熟成。
古典的なリオハワインの優雅で堂々とした味わいは、オーク樽と長期間の熟成から生み出されます。
最近ではステンレスタンクでフレッシュに、テンプラニーリョの華やかで繊細な香りを引き出したスタイルも増えてきました。

スペイン全土で栽培されているので、往々にしてほかの品種とブレンドされます。
リオハではガルナッチャ(グルナッシュ)やマスエロ(カリニャン)と、ブレンド。
ボルドー地方のブドウ品種で例えると、酸もあり長期熟成能力もあるテンプラニーリョがカベルネ・ソーヴィニヨン、肉付きが良く果実味があるガルナッチャがメルローといったところ。

リベイラ・デル・デュエロではカベルネ・ソーヴィニヨンとブレンドされることが多くあります。

香り

品種自体の香りは華やかで繊細。
レッドベリーやブルーベリーの香りにスミレ、そこに毛皮やレザー製品の香りや、やや鉄っぽい香りのアクセントがあります。
果実や小さな花の香りだけとると可愛らしい雰囲気ですが、毛皮や金属の香りなど、ほんのり動物的でワイルドな香りも併せ持つのが特徴。

アメリカンオークで長めに熟成されたもの(グラン・レゼルバなどの記載があるもの)はオーク由来のバニラ、クローブ、アニスの香りが加わり、果実の雰囲気もドライイチジクやドライチェリーと水分が抜けた香りに。
ナツメグやドライローズのニュアンスと合わさり、大変に複雑な香り立ちがするようになります。

味わい

どっしりとフルボディになりがちで、滑らかな舌触りと、しっかりした酸味が特徴。
若くフレッシュなスタイルであれば、フルーティでジューシーな味わいが前面に現れます。
やや酸味が暴れ気味のものも。
オーク樽で熟成されたものは、渋み・酸味が馴染んでより滑らかな舌触り。
ボリュームはあってもギスギス、イガイガしたところのない優美な味わいになっていきます。

シノニム

  • センシベル(ラ・マンチャ地区)
  • ティント・フィノ(リベラ・デル・デュエロ地区)
  • ティント・デル・パイス(リベラ・デル・デュエロ地区)
  • ティンタ・デ・トロ(トロ地区)
  • ティンタ・デ・マドリッド(マドリッド地区)
  • ウル・デ・リェブレ(カタルーニャ地区)
  • アラゴネス(ポルトガル)
  • テンプラニーリョの主な栽培地

スペイン

スペインのイラスト

前述の通り、世界のテンプラニーリョの9割はスペインで栽培されています。
その中でも最高峰に位置するのがD.O.Ca.リオハ。
フランスとスペインの間にあるピレネー山脈の麓で、大西洋の安定した気候と内陸部の暑く乾燥した気候、そしてピレネーからの冷たい吹き降ろしの風が絡み合う複雑な環境の中で、南北を山に守られて孤島のようにあるのがリオハのエリア。

リオハで特徴的なのは、アメリカンオークを用いた熟成システムです。
熟成期間が短い→長い順に、「クリアンサ」→「レゼルバ」→「グラン・レゼルバ」とランクアップしていくリオハワインは、長期熟成に耐えうる素晴らしいブドウを生み出す産地であり、そういったワインが素晴らしいという価値観を体現するものでした。

アメリカンオークはフレンチオークに比べ、甘やかなスパイス香が感じられます。
丁度「レゼルバ」クラスのワインからは、バニラ、クローブ、アニス、シナモンなどに例えられる香りが強く感じ取れます。

近年ではその複雑な気候条件と地形から、熟成では無くテロワールに基づくワイン作りが支持を集めてきています。
特に標高の高いリオハ・アルタでは、酸味・渋みの骨格がしっかりとした偉大なワインが出来上がります。

また、スペイン中央部にあるメセタ台地のリベラ・デル・デュエロもリオハと並んで有名なテンプラニーリョの産地です。
濃く、力強い中にも高い標高から来るしっかりした酸味が感じられ、パワーとタイトな輪郭を併せ持つスタイル。
「ベガ・シシリア」や「ピスケア」「ピングス」など高級ワインが作られる場所です。

そこからデュエロ川を下流に下ると、同様にパワフルなスタイルで知られるトロのエリア。
濃密で味わいが詰まっており、最上のものは絹のような舌触りが感じられます。

テンプラニーリョに合う料理

肉類

肉類のイラスト

  • 生ハム
  • 牛肉の煮込み
  • 煮込みハンバーグ
魚介類

魚のイラスト

  • サーモンのクリーム煮
  • 秋刀魚の塩焼き
野菜類

野菜のイラスト

  • ジャーマンポテト
  • 根菜のグラタン
チーズ

チーズのイラスト

  • 辛口のブルーチーズ(カラブレスなど)
  • 白カビタイプ(ブリーなど)

おすすめのワイン

テルモ・ロドリゲス LZ リオハ

テルモ・ロドリゲス
¥2,679 (2020/10/20 19:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

スペインの革命児、テルモ・ロドリゲスの作るスタンダード・リオハ・ワイン。
スペイン全土でその土地の味わいを十全に映し出し、更に現代的にブラッシュアップするテルモ・ロドリゲスですが、このLZも例外ではありません。
リオハ・アラベサのブドウを使い、セメントタンクで熟成。
樽の香りや長期熟成による発展ではなく、果実の新鮮さ、華やかさを前面に押し出したモダンなスタイルです。

ヌマンシア テルメス トロ

濃く、力強い味わいのティンタ・デ・トロ=テンプラニーリョ。
トロのエリアで作られるワインの特徴はこの力強さとボリュームですが、ヌマンシアはそこに滑らかな舌触りで洗練を加えてきます。
3000円台のキュヴェですが、その洗練は充分感じ取ることができます。
トロ最上のワイナリーのひとつです。

ペスケラ ティント・ペスケラ クリアンサ リベラ・デル・デュエロ

スペインのペトリュスと呼ばれたペスケラが作るスタンダードキュヴェ。
熟成年数の規定が一番緩いクリアンサで18か月の樽熟成をしています。
綺麗な酸味に支えられたボディに、明るい果実味、バニラ、クローブの香り。
アメリカンオークとテンプラニーリョの相性の良さがうかがえる一本です。

まとめ

一口にテンプラニーリョといっても、様々なスタイルと味わいがあります。
度数が高く、オーク樽でがっしりとしたスタイルのものもあれば、テンプラニーリョの華やかで繊細な香りを活かしたものもあり、どれも魅力的です。
また、テンプラニーリョの素晴らしさを知りたいのであれば、リオハの熟成したボトルを飲んでみると良いでしょう。
安くはありませんが、比較的手の出せる価格帯で見つかることがあります。
是非、色々なテンプラニーリョにチャレンジしてみてください。