【無料体験】国内No.1のワインスクール >

ソムリエが予算別で選ぶおすすめの人気シャンパン15選|記念日やギフトに

▼すぐにワインをチェックしたい方はこちら

記念日などのお祝いごとといえばシャンパンですが、「あれ、でもシャンパンってそもそも何…?スパークリングワイン…?」という方も少なくないのではないでしょうか。

そこでこちらの記事ではシャンパンの基本中の基本の知識と、予算別のおすすめシャンパンを紹介させていただきます。

ぜひプレゼントの参考にでもなれば幸いです。

シャンパンの基礎知識

炭酸のワインは全てシャンパンなどと思ってはいないでしょうか、実はそうではありません。
シャンパンとはフランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのことを表します。

北緯49度というブドウ栽培北限の地で作られ、質・量ともに安定してワインを作り出すための様々な技法が発展してきました。

アッサンブラージュ(=ブレンド)技術を洗練させた17世紀の修道士ドン・ペリニョンや、ピュピトルを使ったルミアージュ(澱を集めながらの熟成)考案したマダム・クリコなど、シャンパンには人間の知恵と意志が込められています。

シャンパンとスパークリングワインの違い

前述したとおりシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインをシャンパンと呼ぶため、スパークリングワインはより広義の言葉として使われます。

スペインのカヴァや、イタリアのスプマンテなどシャンパン以外にも世界的に有名なスパークリングワインは存在していますので、興味があればそちらを選択肢に入れるのも良いでしょう。

使われるブドウ品種は主に3種類

シャンパンでは以下の3品種が主に使用されます。

シャルドネ

シャルドネの実物の画像
参照元:シャルドネ (ブドウ)wikipedia

コート・デ・ブランを中心に栽培されている白ブドウ。
透明感があり伸びやかな酸味と、上品で細やかな香りをもたらします。
シャルドネのみで作られたシャンパーニュを、ブラン・ド・ブラン(BdBと略されることも)と呼びます。

ピノ・ノワール

ピノ・ノワールの画像
引用元:https://vinepair.com/wine-101/learn-pinot-noir/

モンターニュ・ド・ランスやコート・デ・バールを中心に栽培されている黒ブドウ。
口の中での膨らみ・広がりや、がっしりとした酸味など、ワインにボディやボリュームを与えます。
ピノ・ノワールやピノ・ムニエの黒ブドウだけで作ったシャンパーニュをブラン・ド・ノワールと呼びます。

ムニエ

ピノ・ムニエの写真
引用元:http://mathusalem.jp/?mode=grp&gid=1357387

ヴァレ・ド・ラ・マルヌを中心に栽培されている黒ブドウ。
丸く、柔らかく、素朴な果実味があり、ブレンドに優しさや奥行きをもたらします。

その他、ピノ・ブランやピノ・グリなども使用することが出来ますが、このブレンドは殆ど目にしません。

シャンパンの選び方

シャンパンは味・色・グレードに注目して選んでみましょう。

味の種類で選ぶ

好みの味が見つかると選ぶのがより楽しくなります。

シャンパンの味は以下の6段階に分類されています。

シャンパンの味
  • エクストラ・ブリュット(極々辛口)
  • ブリュット(極辛口)
  • エクストラ・セック(辛口)
  • セック(中辛口)
  • ドゥミ・セック(中甘口)
  • ドゥ(甘口)

辛口や中辛口のさっぱりとした銘柄が基本ではありますが、甘くないと飲めないような方もいますのでプレゼントならそういった点を考慮すると良いでしょう。

慣れてきたら色々挑戦したいですね。

色で選ぶ

シャンパンの色はピンクか白の2種類のみなので、どちらかを選ぶことになります。

ピンク色のシャンパンは一般的にロゼと呼ばれ、女性へのプレゼントにも好まれます。華やかな香りが特徴ですね。

しかしロゼは白よりも生産量が少ないため、少し割高な傾向があります。

白の方が安いことが多いので、価格を気にする場合は覚えておくと良いでしょう。

グレードで選ぶ

シャンパンのグレードは下記の3つに分けることが出来ます。
ただしグレードの良いものはどれも高いので、高いか安いかくらいで考えた方が楽かもしれません。

1.プレステージ(最高級)

各ブランドの最高級品です。ドンペリやクリュッグが有名どころですね。

美味しさが分かればいいですが、シャンパンを飲み慣れてからデビューするくらいがいいでしょう。

2.ヴィンテージ(高級)

単一年に収穫されたブドウのみを使って造られるシャンパンで、その年のブドウの個性が強く出ます。

3年以上の熟成が必要となり、多くがそれ以上の年数を熟成しています。

後述のノン・ヴィンテージよりも製造に手間がかかるといったイメージで間違いありません。

3.ノンヴィンテージ(スタンダード)

各生産者のスタンダードなシャンパンです。

複数年のブドウをブレンドして作られますが、味は安定しているので非常に飲みやすいです。

こちらの超有名なモエ・エ・シャンドンもノンヴィンテージですが、十分美味しいですね。

ソムリエ厳選のおすすめシャンパン15選

ここからはおすすめのシャンパンを紹介します。

価格帯で分けましたのでご予算に合わせてご覧いただければ幸いです。

5,000円以下のコスパシャンパンで気軽に乾杯

1.モエ・エ・シャンドン アンペリアル ブリュット

全世界で超有名なシャンパンですね。初めてという人はモエから飲むのも良いでしょう。

様々な料理にマッチしやすくおすすめです。

2.マム グラン コルドン シャンパーニュ

力強いアロマのピノ・ノワールを中心にしたシャンパンです。

白身の肉類や魚料理とよく合い、ゴージャスな、見た目はパーティやお祝いに最適ですね。

3.ドゥラモット ブリュット

クリーミーできめ細かい泡がグレープフルーツやピーチといった香りを立ち上げます。

強いこだわりが感じられます。

4.ニコラ・フィアット セレクション ブリュット

いろんな料理で楽しめるオールマイティなシャンパーニュです。

優しい口当たりでクリーミーな味わいですね。

5.ローランペリエブリュットLP

世界5位の大手シャンパンメゾン「ローラン・ペリエ」の名刺ともいえる同社を代表するスタンダードクラス。

フレッシュでエレガントな辛口な味わい。

5,000〜10,000円で誕生日などのちょっとしたプレゼントに

1.ボランジェ ロゼ

厳しい生産基準を貫いているボランジェはまさに上質なシャンパーニュ、世界中の愛好家から高い支持を得ています。

重厚な味わいと長い余韻をお楽しみください。

2.ヴーヴ・クリコ ホワイトラベル ドゥミ セック

辛いのが苦手という方に試していただきたい、やや甘口のシャンパーニュです。

芳醇でまろやかなタッチが特徴的ですね。

3.ペリエ ジュエ グラン ブリュット

創設当時からヴィクトリア女王やナポレオン三世といった各国の王族や、グレース・ケリーをはじめとする世界中のセレブリティたちにも愛されてきたペリエ・ジュエ。

シャルドネの気品や洗練さ、ピノ・ノワールが作る骨格、ムニエのフルーティーさが絶妙にマッチしたスタンダード・キュヴェです。

4.ボランジェ スペシャル キュヴェ

前述のボランジェ ロゼと同様に厳しい基準をクリアしているスタンダードキュヴェです。5~10年間熟成させたリザーヴワインを使用し、セラーで最低3年間熟成させ高い品質をキープしています。

ふくよかで伸びやかなボディと長い余韻をご堪能下さい。

5.ヴーヴ・クリコ イエロー・ラベル・ブリュット

グラン・クリュ、プルミエ・クリュを主体に50~60にも及ぶ異なる畑のブドウがブレンドされています。

酸味と果実味がバランスよく、フルーティさが印象的な1本です。

10,000円以上でお祝い事を盛大に盛り上げよう

1.ドン ペリニヨン 2008

ドン・ピエール・ペリニヨンの偉業を受け継ぐ最高峰のシャンパン。

絶妙なバランスは芸術品とも言われ、プレゼントには最適ですね。

一般的にはものすごく高いお酒くらいに認知されてますので、プレゼントされるとかなり特別感があるようです。

2.クリュッグ

初代ヨーゼフ・クリュッグの考えを貫き、1843年の創業以来6世代にわたって伝統の製法を忠実に守り続けるクリュッグ家を代表するシャンパーニュです。

世界中から称賛を浴び続ける一度は飲みたいシャンパンですね。

3.ローラン ペリエ グラン シエクル

シャンパーニュ・メゾン、ローラン・ペリエのフラッグシップです。

力強い中にまろやかさと豊かな風味を感じることができます。

まさに至高の逸品です。

4.ベル・エポック ロゼ

美しいボトルデザインが印象的な、非常にエレガントなシャンパーニュです。

繊細であり芳醇な香り、力強く感性を刺激する魅力的な味わいですね。

5.ルイ・ロデレール クリスタル 2008

ルイ・ロデレールはシャパーニュメゾンの頂点に君臨する老舗です。

泡は音が聞こえるほど力強く、黄金色に輝きます。

なめらかでうっとりするような味わいです。

「いや、シャンパンじゃなくてもいい」という人のためのおすすめスパークリングワイン5選

1.ノクターン スリーヴァー

「夜想曲」を思わせる長く心地の良い余韻と滑らかで甘美なフレーバー。

夜にゆっくりと愉しむのに最適なスパークリングです。

2.クレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ

なんと日本人醸造家が造り出す、ピノ・ノワール100%の世界が認めるロゼ・スパークリング。

見た目もかわいく、バランスの取れた味わいで料理にもマッチします。

3.フランチャコルタ・アルマ・キュヴェ・ブリュット

イタリア最高峰のスパークリングワイン。

飲み疲れせず、温度が上がっても味わい深いです。

ぜひくつろいで飲んでいただきたい1本ですね。

4.カルテット・アンダーソン・ヴァレー ブリュット/ロデレール・エステート

シャンパーニュ超えとも呼ばれるエレガントなスパークリングワイン。

前述の老舗ルイ・ロデレールがカリフォルニアで生産しているため間違いはありません。

5.アルパ・ソルシ イル・ボッロ

シャンパーニュ製法ならではのきめ細やかな泡立ちが楽しめるスパークリングワインです。

フルーティで飲み疲れもありません。

シャンパンを飲むときはぜひグラスも揃えよう

シャンパンはフルートグラスと呼ばれるグラスで飲むのが一般的です。

せっかく良いシャンパンを買っても普通のコップで飲むのは味気ないですよね。

高級感が出るのは長細いタイプのグラスですが、香りを楽しむ場合はふっくらした形状の方が合っています。

以下のようなバカラのぐらすは高級感がすごいですよね。

一般的なシャンパンのグラスであればリーデル辺りがおすすめです。

終わりに

日常的にシャンパンを飲む人もいますが、やはりシャンパンといえばお祝い事が良いでしょう。

大切な記念日や贈り物として、こちらの記事が参考になれば幸いです。